So-net無料ブログ作成
検索選択

硬式ラケット人気ランキング

-  |  次の10件 »

森田あゆみ選手もピュアドライブ

森田選手が長年愛用していたヨネックスのe-zone100からトアルソンのSpoon100に替えた時も驚いたが。

今回も驚いたけど、ラケットがピュアドラ+に替わっていた。。。

バボラ 2015 ピュアドライブ プラス (300g) (0.5インチロング) BF101235/101297(海外正規品) 硬式テニスラケット(Babolat 2015 Pure Drive PLUS Rackets )【2014年12月発売】[☆nc]

価格:15,901円
(2017/7/18 12:40時点)
感想(5件)




トアルソンとの契約は終了ということかな。

ピュアドラは良いラケットなのは誰でも知ってる。

しかし、問題は森田選手の右手首の故障。

それを考えるとピュアドラ+の選択が適切なのかな?

自分がピュアアエロに替えた時に感じた長く使用すると、衝撃と響く感じが心配。

最後はラケットすら握れなくなったから。

バボラは手に優しくないイメージしかない。

でも、ピュアドラはそんなことないの?

ブリジストン契約してBEAM-OS 295かXブレード300で戦って欲しかった。

ブリジストンのラケットは攻撃面を損なわず、手にも優しいから。

でも、森田あゆみ選手が活躍してくれればラケットはどこでもいいんです。

ファンとしてはもう一回だけ強い森田選手が見てみたい!

これでS-Math Tourは自分の中ではナイ!



共通テーマ:スポーツ | nice!(3) | コメント(0) | 編集

ブリジストンBEAM-OS 295(ポリエステル)のインプレ

前回、ブリジストンBEAM-OS 295をナイロン張ってインプレしました。

今回は、ポリエステルを張ることで、ストロークがしっかりハードヒットできるか検証してみたいと思います。

ブリジストンBEAM-OS 295
グロメット:ソフト
ガット:ポリグランデ125(ブルー)48ポンド

ブリヂストン(BRIDGESTONE) テニスラケット ビーム オーエス 295(BEAM-os 295) BRABM1

価格:24,190円
(2017/7/11 19:27時点)
感想(1件)




<ストローク>

前回のナイロンよりは確実に抑えが効いている。

しかし、今日も怖くてハードヒットできなかった。。。

ただ、相手のボールに合わせてボールを返す感じで打てば、ミスする感覚はなく非常に打ち易い。

明日は、絶対ハードヒットしてみせるw

翌日、ハードヒットしてみたが、ノーマル状態ではナイロンほどではないが、上ずり気味でパワーを制御できない(泣)

このパワーを上手く利用できたらいいんだけども。

そこで、面の両サイド各3g、シャフト部分の両サイド各6gと合わせて18gの鉛を張った。

この状態でようやくハードヒットしても収まる感覚になり、ボールがふける感じが無い。

しかし、打球は少しオーバー気味かな。。。

ポリでもテンション5ポンドぐらい上げてもいいかも。

それと、グロメットはノーマルの方がハードヒットに適してるかも?

ソフトグロメットは乗る感じはいいんだけど打球情報が希薄で打ってる感じがしない。

まあ、肘にはいいが、打感がはっきりせず力の入れ具合がわからずじまい。

<ボレー>

今日は打てなかった。

18gの鉛を搭載することで、確実に取り回しが悪くなった。

これだとBEAM-OSの良さが消えてしまうと感じた。

この辺の微調整が必要だな。

鉛の張る位置見直さないと。

<サーブ>

ポリだと回転の掛りが半端ない。

16x18の荒さが回転に磨きが掛かるのか?

パワーを乗せつつしっかり打ちスピンが掛かるのが嬉しい。

重くすることでサーブは打ち易さがあると感じた。

オーバーサイズなのに振り抜きは悪くないと思う。

なんかガットに引っ掻け易かったから、サービスラインにグッと落ちる。

スピンもスライスもXブレードより掛けやすいからサーブはいい感じだ。

今日の印象では、とにかく面に当てれば何でも返る。

パワーが出るので、上手くコントロールできれば武器になる。

しかし、それには技術が必要で簡単にはいかない。

やはり一番合うのは、相手のパワーを利用して合わせて打つタイプ。

特に女ダブでシコルには最高だと思います(ミスる気がしないぞ!)。

しっかり打ち込んでウィナー決めるタイプはXブレードの方が良い。

私の場合、凄く悩ましいのはXブレードの方が好き。

でも、肘のことを考えるとBEAM-OS 295です。

4時間の練習後にXブレードだとじんわり肘の痛みが出るんですが、BEAM-OSは出なかった。

それに、プレー中まったく肘に違和感なし。

とにかくガッツンとした衝撃は一切なかったです。

でも打ちごたえが無く、物足りなくも感じたよ。

だから使うならノーマルグロメットするだろう。

そんでテンションは53~55ポンドと硬く張る。

軽すぎるので、スイングウエイトの重いのを選び、鉛12~15g張るかな。

問題はフォアハンドだけなんだよな。

代えるかはまだ決めていないが。

今迄、勝てなかった相手にタイブレまで行き、あと1つで逆転負け。

こういう当てれば何でも返るラケットは草ダブルスの試合に強いw

試合に勝ちたいならBEAM-OS かな。

しかし、一番力の入るフォアを打つ時に手が萎縮してしまう。

だから、ミスらないように合わせてコースを狙い打つ感じになった。

それで試合に勝つんだから、皮肉としかいいようがない。

テニスはフルスイングで打つだけじゃないんだよw

この後、VX-R300に戻したら、フルスイングでコートに収まる。

なんで試合に勝てないのか?よくわかったw

そうか、フルスイングばかりで打つのではなく緩急つけて打たなきゃ!

こういう当たり前のことに気がついた試打となりましたw

しかし、BEAM-OS 295は私にはオーバーパワーであることは間違いない。

手に優しいラケットに憧れる日々は続く。。。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) テニスラケット ビーム オーエス 295(BEAM-os 295) BRABM1

価格:24,190円
(2017/7/11 19:27時点)
感想(1件)






共通テーマ:スポーツ | nice!(2) | コメント(0) | 編集

ブリジストンBEAM-OS 295(ナイロン)のインプレ

ブリジストンから今春新しく発売されたBEAM-OS 295のインプレです。

奥さんがVX305からBEAM-OS 295に買い替えました。

とにかく「打ちやすい」ということで期待して借りて打ってきました!

miniDSC01545.jpg

BEAM-OS 295 ガット:アスタリスタ130 (50ポンド)

持った感じ、面107インチ&長さ27.25㎜の大きさは感じない。

取り回しも100インチのVX-R300と変わらないので、面が大きいからどうかな?という不安はない。

振り抜きも良いしOK!

いざ打ってみると一発目から面に乗る感じがあった。

そして、振動が上手く取れてるし、乗っても重く感じることはなかった。

ソフトフィ―リングが嬉しい~

miniDSC01549.jpg

<ストローク>

VX-R300の1.5倍増しぐらいのパワーを感じる。

いつものようにフラットでハードヒットすると完全にオーバーする。

スピンで打つしかないが、回転は良く掛かるのでコートに収まる。

スライスは楽に伸びのあるボールが快適に飛ぶので、シニア&女性の武器になる。

70%の力で少し合わせ気味に楽にプレーすると良かった。

しかし、いつも通りハードヒットしていくにはこのセッティングでは無理。

<ボレー>

まじ感動したのがボレー!快適そのものw

苦手なバックハンドボレーが簡単に良いボールが何度も決まった。

面を作って、コースを狙い、当てるだけで。。。

強烈なスピードボールがズバッと決まる(快感)

真ん中を外しても振動来ないし、ブレが無い。

ローボレーがやり易く、コントロールできる!

ボレーだけならラケット速攻代えるw

<サーブ>

ハードヒットするとオーバーする。

サーブも力を抜いてスピン&スライス。

回転はしっかり掛る。

miniDSC01552.jpg

全体の印象としては、ダブルスに威力を発揮するラケット。

ボレー主体のプレーヤー、女子&シニアに特に合う。

ストロークは楽に打ちながら、ボレーで決めるというプレーは省エネできるw

テニスが楽しくなるラケットなのが伝わってきた。

とにかくスイートスポットが広く、当てれば返るので試合では何度もピンチで助けられた。

これはいいと思ったんですが、代えるには?

やはりハードヒットしてコントロールできない不安が。。。

この部分はガットをポリに替えることで改善するかもしれないので、次回レポートします。

週末テニスをもっと楽しくしたいならブリジストンBEAM-OSシリーズいいですよ。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) テニスラケット ビーム オーエス 295(BEAM-os 295) BRABM1

価格:24,190円
(2017/7/11 19:27時点)
感想(1件)




ちなみに、デュアルコイルSPT300とは全然違いましたw

共通テーマ:スポーツ | nice!(3) | コメント(0) | 編集

テニスラケット重くすると?

テニスラケットの軽量化に失敗を続け。。。

今は、テニスラケット重くする方がいいのではないか?

そう想い続けていたので、使用中のVX-R300に鉛を貼り重くしてみました。

[キモニー テニス アクセサリ・小物]リードテープスリム(KBN263)

価格:604円
(2017/7/11 20:01時点)
感想(4件)




配置はサイドに各3g、トップに3gの計9g重くなりました。

素振りをしてみると全然振れますw

別に重みを感じません。

オンコートでは違う感想になると思い、早速コートで打ちました。

<ストローク>
重くするとパワーが出ることがわかりました!普段より速いボールがぶっ飛んでいきます。
フラットは飛び過ぎを感じましたが、回転で調整できました。

<ボレー>
重くするとボレーし難いと言われてましたが、弾きが増して楽に飛びました。
それにブレ難く感じ、ミスが減っているのと、抑えが効きやすい。

<サーブ>
これが一番難点でした。スイングスピードが落ちてるかと思います。
ダブルフォルトが増えてしまい慣れが必要です(回転量が落ち、飛距離が長くなる)。

総合的に考えて、重くした方が良くなりました。

当分は310gぐらいで練習を続けてみます。

なんだか重いラケットの方が良いボール行くし、ボールが潰れやすく感じ、打感もいいのです。

ボールがしっかり面に喰い込み、楽にボールが飛ぶのに驚きましたね。

伊達選手が重いラケットを使う意味が少しわかりました。

相手の球が重くて速いと、こちらのラケットが軽いと逆に飛ばない(面ブレ)ですね。

ラケットが重いと当てるだけでもしっかり面に乗ってる感じがします。

ストロークは多分350gぐらいはいけそうな気がします。

というのは両手打ちなので。

しかし、サーブ&ボレーは片手なので無理でしょうw

先入観でラケットが重いと、手に負担が掛り易いと考えていましたが。

今回の実験で、重くすることで楽に打てることがわかりました。

こうなると320gぐらいのラケットも試したくなりましたw

いつもの悪い癖が。。。

手にも優しくて重いラケット、面も大きい方が良いとなるとなかなか無いですね。

探して良さげそうなのがプロケネックスのKi Q+ Tour Proですね。

面98インチ、重さ325g、バランス310㎜ ストリング18x20

数値だけみればかなりヘビー&タフなラケットですが、試打していみたいw

肘や腕への負担を軽減して、テニスエルボーに備えたい方に!!プロケネックス(PRO KENNEX)テニスラケットKi Q+ Tourケーアイキュープラスツアー新品:国内正規品

価格:28,512円
(2017/6/24 12:57時点)
感想(0件)




スロート19㎜という薄さからボックスの飛ばないラケット。

でもねプロケネックス搭載のキネティック(砂)がパワー凄い出るんですよ。

Q5 280試打した時に威力は体感済ですが、このパワーの出方が他のラケットには無い物なので、扱いが難しいと感じた部分もあったな。。。

しかし、慣れたら逆に武器になるのも理解できるし(ブロックボレーの飛びが半端ない)。

来月ぐらいに時間できたら試打してみようと考えています。

今度は重いラケットになるのかな?

しかし、忘れてはいけないブリの新作であるBEAM-OSも試打予定w

デカラケになるかもしれません。

さて結果はいかに!

でも、VX-R300チューン済の現ラケットのままということもあるし。

試打できる日が待ち遠しいです。

プロケネックス(PRO KENNEX)Ki Q Tour Pro(G2)レンタル試打ラケット【1週間¥500】【ご注意ください】支払方法は、クレジット決済限定とさせて頂きます。全額楽天ポイント使用も不可とさせて頂きます。【fy16REN07】

価格:500円
(2017/6/24 13:14時点)
感想(0件)




プロケネックスも500円で試打できるから嬉しい。

共通テーマ:スポーツ | nice!(4) | コメント(0) | 編集

強烈ジャンピング・スマッシュ!

テニスで飛ぶと言えば錦織選手のエアーKが有名ですが。

バスケのダンクシュートのようにジャンプして叩きつけるスマッシュ。

ジャンピング・スマッシュを今日は研究したいと思います。

このジャンピングスマッシュの名手はピート・サンプラスでしょうか?

強烈なサーブを相手がやっとの思いで当てた緩い山なりのボールを2m近くのサンプラスがジャンプしてスマッシュをするお得意のパターンです。



こんなの背が高い選手しかできんと思ってるでしょう?

日本を代表する選手の一人である杉田祐一選手はジャンピング・スマッシュの名手です。

身長173㎝の杉田選手でもできるんです!

私達だって練習すればきっとできるはずです。



それにしてもジャンプのタイミングが難しい。。。

決めたら相手から驚かれること請け合いです。

いつか公式戦で決めてみたいw

共通テーマ:スポーツ | nice!(3) | コメント(0) | 編集

プロフォーカス125グレー(ガットの色違いインプレ)ロール編

プロフォーカス125グレーをロール購入した後、2つ張り終わりました。

miniDSC01505.jpg

まあ満足しています。

自分の中では90点ぐらいの感じです。

-10点の評価はネイビーに比べて球持ちと打感がもう一つ。

しかし、グレーの特筆すべきはテンション維持が大幅に向上してる!

これはもう顕著に違う。

ネイビーは2週間で大分テンション落ちましたが。。。

グレーは1ヵ月半たっても気にならない。

これは手放せないポリガットになりそうな予感。

安定してベースライン深くストロークで飛ばせます。

サーブも125mmなので割と回転も掛かりダブルフォルトも減ってる気がします。

ボレーはVX-R300とのセッティングだと少し押して上げないとベースライン深くまで飛びません。

小技は出し難いのがちょっと(飛ぶからか!?)。

打感が多少硬いのですが、まあなんとか腕は大丈夫。

多少、練習後に腕の痛みを気にすることはあります。

これはガットの問題よりも、ラケットが硬すぎw

VI-Rもそのうち試すけど、打感更に硬くなってるなら無理だな。

だから日によって柔らかい打感のSPT300に持ち替える。

SPT300にもプロフォーカス125グレーを張ってみました。

すると、マイルド感は感じます。

柔らかいと感じるラケットにもマッチしますね。

このガラスの右肘でもなんとか使えるんですから振動は抑えられてると思う。

ガット自体から硬さも振動もまったく気にならない。

柔らかいラケットにプロフォーカス125張れば、女性でも使えると思う。

よく飛ぶし、パワーあるし、いいのではないでしょうか。

多分、試合に勝てますよw

トアルソン(TOALSON) テニスガット ポリグランデ プロフォーカス125(ブラックシルバー) 240m ロールガット 7442512K

価格:19,440円
(2017/7/11 19:58時点)
感想(0件)


共通テーマ:スポーツ | nice!(3) | コメント(0) | 編集

自分のテニスをする

テニスの試合をしていて感じたことをメモします。

テニスをしていて、一番つまらないと感じたとき。

それは。。。

試合に負けたとき?

ではありません。

「自分のテニスができなかったとき」

先日、あるベテランプレーヤーがほとんどの返球がロブでした。

こちらが強打しても全部ロブで合わせて返してきます。

それもコントロールよく深く返ってくるのです。

ついついこちらもロブで応戦すると、こちらが慣れていない戦術なので根負けしてミスります。

そして、とうとう敗戦してしまいましたw

このときに素直に思いました。

彼は自分のテニスをして勝ち、私は自分のテニスを忘れ負けたと。

自分のテニスを全力でやって負けたのなら悔しさはありますが、気分は最悪なものにはなりません。

しかし、自分のテニスをしないで負けた時は最悪です。

なんでロブをしっかり下がってベースラインからでも強打しなかったのか?

もっと前後左右に振って相手を走らせることだってできたのに。。。

緩いボールを強打するのは意外に難しいので、練習ですね。

相手がシコろうが関係なく自分のスイングをすること。

これが重要であり、勝ち負けは結果。

自分のテニスをしましょう♪

共通テーマ:スポーツ | nice!(3) | コメント(0) | 編集

ポリガットを張る本当の理由

「ナイロンガットで切れない人がポリガットを張る必要はない!」

本当にそうなのか?もう一度よく考えてみた。。。

ポリガットの特徴は耐久性と考えている人はそういう考えになる。

しかし、ポリガットの特徴は耐久性だけではない。

個人的にポリを使う理由は一つだけです。

「強打したときのコントロール力」

ポリは振れば振るほど安定してコントロールできるので、試合に勝ちやすいのです。

そうじゃなければ、硬いし、振動も多いし、使わないよ。

耐久性だけなら女子プロ選手なんか使う必要はない。

プロはほとんど毎日張り替えるので、耐久性なんか関係ない。

一昔前、アスタリスクやAKプロのナイロンを好んで使用してた女子プロ選手いましたね。

でも、今はほとんどハイブリッドでポリを使用している。

横にポリ張って、縦にナイロン張るのが柔らかい打感を維持しつつ叩けるから。

プロの世界でポリ、ナイロン、ナチュラルの使用率を見ればポリが圧倒的に多い。

試合に勝てないからナイロンとナチュラルはシェアを落としたんですよ。

ポリは試合に勝てるから使う!が本当の理由だと思います。

だから女子も試合に勝ちたいならポリを使うべきだと思う。

リスクは筋力の無い人が使うと故障しやすいという現実ですね。

使うなら腕立てとか筋トレしながら使用することをお勧めします♪

逆にポリ以上に叩けるナイロンが開発され発売されたら最強でしょうねw

2017年は「叩けるナイロン!どんなに強打してもふけ難い!」というコンセプトで日本メーカーさんには商品開発してほしいです。

ナイロンガットの復権の鍵は「叩けるナイロン」だと思います。




共通テーマ:スポーツ | nice!(3) | コメント(0) | 編集

プロフォーカス125ブルー(ガットの色違いインプレ)

お気に入りのガットであるプロフォーカス125のブルーを入手した。

早速、張上げてもらい打ってきました。

miniDSC01503.jpg

以前から気に入ったガットの色違いで打感が変わることを体験してきましたが。

今回プロフォーカス125は既に、ネービー、シルバーは体験済み。

最後のカラーであるブルーです。

同じ48ポンドで張りました。

打った瞬間から「うっ!違う」と感じました。

微妙な違いと言えば、そうかもしれませんが。

明らかに喰い付きが薄い。。。

弾きが若干強い印象です。

ネービーとシルバーで感じた手元で持つ感じと違います。

球離れが少しだけ速いので、軽快感はこちらの方が上です。

これはこれでありだと思いました。

ただ、張りたてだからこの様に感じるだけかも?

そう思って1週間打ちましたが、いつもの喰い付きは感じません。。。

同じガットでも色が違うと変わるという結果がプロフォーカス125でも起きました。

だからガットは色の着色で打感変わるんですよw

まあ何張っても同じに感じる人には、微妙な違い過ぎてわからないかもしれないですけど。

敏感な人には重大な問題なのです。

プロフォーカス125の印象(振動が少ない。柔らかい。飛びがいい。ベースライン際で落ちる)

ネイビー…喰い付きが一番いい。テンション維持が悪い。
シルバー…総合的に一番まとまってる。
ブルー…球離れが速い。軽快。

ブルーは球離れが速いからか、ベースラインでの落ち方がイマイチ(自分の場合)。

安定して深いボールを集められなかった(自分の場合)。

回転がいつも通り掛けられないのね(自分の場合)。

ということでプロフォーカス125シルバーをロール購入しました。







共通テーマ:スポーツ | nice!(4) | コメント(0) | 編集

ニック・キリオスのサーブを真似たいw

ニック・キリオスのサーブ真似たいんですよね。

なんたって、速いし読めない。

凄いリラックスしてサーブ打ってんだよな。

もう自信満々だし。

リストの使い方も柔らかいので、鞭みたいなサーブの振り方。



とりあえず今日の練習前に動画を何回もチェック。

そしてコートへ出向いてキリオスをイメージしてサーブ!

ドカン!!とホームラン連発w

イメージ的にはできてる筈なのに、結果はサーブ全然入らない。。。

もう家に帰ってもう一度、動画を見る。



ラケットの持ってる感じがブルブラしてるので、全然握ってないのがわかる。

下の動画はキリオス・サーブの詳しい解説をしてくれてます。



なかなかハードルが高そうだけど、練習してコピーします。

今のサーブはダブルフォルト激減したが、威力が今一つ。

上級者の相手には通用しない。

もう一つ上に行くにはサーブの改良が必要なのです。

チャレンジは続く。。。

共通テーマ:スポーツ | nice!(3) | コメント(0) | 編集
-  |  次の10件 »
Copyright © テニス肘・45歳・両手打ち!硬式テニスで勝つ方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます