So-net無料ブログ作成
検索選択

硬式ラケット人気ランキング

テニスのメンタルはサーブ練習で強くできる!

テニスは対戦相手との駆け引きが多くあるゲームです。

言葉は交わしませんが、読み合い騙し合い・・・

騙されて、頭に来て、感情を必死に抑えて、プレッシャーにもがき苦しんでw

そして、理不尽な結果に怒りを爆発させて~

テニスって大人を夢中にさせるゲームの要素が詰まっていますよね。

中学生と対戦した時に、大人との違いを感じました。

中学生は何も考えないでプレーしてるけど、大人はいろいろ考えるw

そして、子供のメンタルは弱いと感じました。

子どもと大人の大きな違いは、メンタルだと思いました。

だから体力では負けてもメンタルで勝つことが可能なんですよね。

もし、自分がメンタルが弱いと思っていたら、それだけで、勝率は良くないはずです。

サーブが入らない、自信がないと自覚していたら、サーブ安定しないですw

ダブルフォルトする度に、俺はやっぱりサーブ安定感がないと思い込み、ますます苦手になります。 

常に自分で、自分に「サーブが入らない」と自己暗示をかけてしまっているのに気がついて下さい。

この事実に気がついた時に、私が考えたことは・・・

「そういえば、サーブが入った時には自分を褒めるなんてしたこともないや」

「これからは、サーブが入ったら、"サーブ打つの上手いね”と褒めよう!」

心のなかで、もう一人の自分を褒めることにしました(爆) 

こんな小さな変更ですが、サーブが良くなってきています。 

もし、あなたがサーブが苦手なら、サーブ中心の練習をしましょう。

サーブが得意なショットになれば、それだけでテニスのゲームに勝つ確率が高くなります。

いくらストロークが上手くてもサーブが入らなければ、負けますw

だからテニスは70%サーブ中心の練習でいいと個人的には思っています。

サーブ練習は一人で可能です。

人一倍サーブの練習をして、もう一人の自分に自問自答してください。

そして、サーブが入ったら自分を褒めることをお忘れなく^^

私のテニスの恐れや不安は、 サーブでした・・・

ダブルフォルトしたらどうしよう。 

だから、この恐れを認識し、練習を重ねることで自信に変える作業が必要なのです。

自分一人でも、コートを借りて、黙々とサーブ練習あるのみです!! 

テニスのメンタルは、サーブ練習で鍛えあげることができます[どんっ(衝撃)] 

まずは、セカンドサーブの質をとことん上げるのが目標です。

共通テーマ:スポーツ | nice!(0) | コメント(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Copyright © テニス肘・45歳・両手打ち!硬式テニスで勝つ方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます