So-net無料ブログ作成
検索選択

硬式ラケット人気ランキング

サーブが入らない!スランプ脱出法

サーブが突然入らなくなることがよくあります。

「あれ!?なんでサーブが入らないんだ。。。ヤバイ負けるかも」

こんな思いをもつと、力んでしまったり、急に消極的になったり。

腕が縮んでしまったら、遅いボールがさらに弱くなりネットにつかまるw

ヤケクソになり力が入りオーバーしてアウト!! 

誰もが陥る症状ですので、焦らず対処することが肝要です。

試合途中でも起きますので、この方法をお試しください。

ほとんどのサーブ・スランプはこの1点に集約されます。

それは、軸である体が曲がっているです。

ストロークを打つ時のことを思い出してください。

体が前のめりになりながら打つとボールを持ち上げられずにネットに引っかけてしまいます。

それと同じことがサーブにも起きているのです。

単純なことですが、体が曲がってしまった状態でサーブを打ってる確率が非常に高いです。

なので、サーブのスランプ脱出法は。。。

サーブを打つ姿勢を体を起こし、まっすぐにする。

たったこれだけで、サーブが再び入り始めますw

不思議なことですが、人間は知らず知らずのうちに傾きますw

打ってる本人は気が付きませんが、相手の人はわかります。

あなたのサーブを120%集中して見ていますのでw 

おかしかったら対戦相手に恥ずかしがらず聞きましょう。

それがスランプ脱出から最速で飛躍する方法だと思いますよ。 

 
フェデラーのサーブを見てください。
 
体が姿勢よくまっすぐ伸びているのがわかります。
 
サーブが乱れ始めたら姿勢を正しくすることを思い出してください。
 
ストロークもネットが増え始めたら背筋を伸ばして打ってみてください。
 
フォニーニのようにですw
 
 
フォニーニは態度は悪いですが、姿勢だけは常にいいですw
 
上半身が裸だけでなく、背筋がまっすぐ伸びて打っているのがよくわかりますね。
 
サーブもストロークも猫背で打つのは止めましょう。
 
乱れる元凶ですのでw
 

【送料無料】サーブ、ストローク、ボレーがこれ一つでOK!殿堂入りコーチ”ニック・ボロテリー氏”も使用!テニス練習機エーストレーナーAce Trainer

価格:12,960円
(2016/9/5 22:52時点)
感想(1件)


共通テーマ:スポーツ | nice!(1) | コメント(0) | 編集

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Copyright © テニス肘・45歳・両手打ち!硬式テニスで勝つ方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます