So-net無料ブログ作成
検索選択

硬式ラケット人気ランキング

安定感ある伊達公子サーブ

SPT280でフラットサーブを打つと若干オーバー気味です。

SPT300とのパワーの違いを感じます。

そこで、安定してサーブを決めるには回転量を増やすことになります。

スライスが非常に良いラケットなので、サーブでも試したところ。。。

スライスサーブが打ちやすいことがわかりました。

面が105インチと大きいからか、回転はかけやすいです。

なんかスライスサーブを打ってて、急に伊達選手のサーブイメージになりました。



フォームがコンパクトで、軸が常に安定しています。

ボールのインパクトする瞬間を大事にしてる感じですね。

参考になるのは、伊達選手のスライスサーブのボールを叩く場所みて下さい。

通常ボールの横を叩きますが、伊達選手は下を叩いて引っかけてます。

縦回転が強いので、トップスライスですね。

この打ち方ならパワーあるラケットでもサービスコート内に安定して入ります。

オーバーしたら更に縦回転量を増やすだけです。

そして最後に伊達公子選手のサーブコントロールが良い理由。

サーブ後の頭に注目してください。

映像をよくみると打つ方向に頭もしっかり向いています。

私もそうなんですが、打つ方向と頭が逆になってることがよくあります。

伊達選手は、打つ方向と頭の向きが常に同じです。

これを意識するだけで、自分が打ちたい方向にボールがいきます。

ボールが暴れて安定しない理由は、頭がフラフラしてるからですw

軸がしっかりしてるという意味は頭がしっかりしてること。



正面から見るとさらに頭と体がまっすぐなってるのがわかります。

そして、サーブを打った直後の目はボールをしっかりとらえてます。

頭をしっかり打つ方向に向け、目はボールを捉える。

これさえできれば、ボールがどこ飛ぶかわからないなんてことは起きません。

進化する強さ [ クルム伊達公子 ]

価格:1,404円
(2016/9/5 22:28時点)
感想(5件)


共通テーマ:スポーツ | nice!(1) | コメント(0) | 編集

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Copyright © テニス肘・45歳・両手打ち!硬式テニスで勝つ方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます