So-net無料ブログ作成

硬式ラケット人気ランキング

サーブ回転量を増やす腕の振り方

サーブの回転量を増やすと聞くと、力を入れて振ればいいと思っていました。

でも、力を入れれば入れるほど、回転量は上がらないようです。

では、なぜ回転量を増やすのか?

それはサーブを確実にコートに入れられるからです。

イメージとしては、山なりに弧を描いて、ストンとサービスコートに落ちる感じです。

それもスピードがある程度なくてはいけません。

イメージが掴みやすい動画を紹介します。



見ての通り、力は全然入っていません。

スイングスピードを上げるのに力を抜いて、鞭のようにラケットをしならせる感じですね。

セカンドサーブはこんな感じで回転増やして、安定してコートに入れたいものです。

共通テーマ:スポーツ | nice!(1) | コメント(0) | 編集

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Copyright © テニス肘・45歳・両手打ち!硬式テニスで勝つ方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。