So-net無料ブログ作成

硬式ラケット人気ランキング

決め球はしっかり止まって打つ

最高のフォアが繰り出せた時、相手はただこのスピードボールに当てるだけ。。。

フワッと力のない死んだボールがサービスライン付近に落ちてきた。

「よっしゃ!貰った。決めてやる」

勢いよく前に出て、思いっきり振り抜いた瞬間、ボールはコートを通り過ぎオーバー。

「なんで???」

力み過ぎとか色々な問題があると思いましたが。

自分が一番問題だと感じるのはしっかり止まって打ってないということです。

ミスショットの多くは、止まれない状態で打たされているケースから発生しています。

しかし、チャンスボールは余裕がある訳ですから。

しっかり落ち着いて止まって打つことは自らの判断でできます。

しかし、多くのアマチュアが侵すチャンスボールのミスは前へ動いた勢いのまま打つことが元凶だと思いました。



この動画は非常に参考になりました。

仁木選手の話の中で「チャンスボールは下半身の力を使う」「体を倒れ気味に打たない」

この2つを実践するには、しっかり止まって打つが必要だと思います。

最近のテーマは「しっかり止まって下半身を使う」

あらゆるショットで常に打つ時に呪文のように唱えていますw

パワーも上がるし、コートに入るのでおススメです。

nice!(1) | コメント(0) | 編集

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Copyright © テニス肘・45歳・両手打ち!硬式テニスで勝つ方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。