So-net無料ブログ作成

硬式ラケット人気ランキング

両手バックハンド・ハイボレーなら強いボールが打てる!

バックのハイボレーで悩んでいる人は多い。



こんな風に打ちたいが。

というか、ほとんどまともに打てないし、当たらない。

威力の無いボールを相手に返すだけ。。。

これを試合でやれば次に打ち込まれThe Endですw

どうしたらバックのハイボレーを強いボールで返せるのか?

「練習しろよ~」という声が聞こえそうですが、スクールでさえ、あまりやらないよね。

練習しなくても力強いボールは打てます。

その答えは、バックのハイボレーは両手で打て!です。
バックハンドハイボレーは両手で打つと決めていれば、無理な体制で打つこともなくなりますし、無理して手首や肩を痛めるトラブルも回避できます。

というのはハイボレーは上から下に抑え込む力を伝えないと強く強打できないし、上から平行に強く打てばほとんどバックアウトするからです。

だから当てるだけではチャンスボールを相手に返すだけなのです。

上から下に抑え込む力をボールに込めるには両手バックハンドが有効です。



片手でバックハイボレーを打つには捻り戻しの力ををタイミングよく合わせる必要がある為、難易度は高いのですが、両手なら多少捻りが少なくても両腕の力だけでもボールに負けません。

威力が出ないのは上から下に力で抑える意識と足の踏み込みが足りないからです。

両手バックボレーの名手と言えば伊達公子選手です。



コンパクトに当てて、上から下にグッと一瞬に力で押して急に止める。

これなら体を捻る時間がないようなハイスピードのスピンボールにも対応可能です。



この動画みれば、どんだけ自分はラケット動かしてんだろうと思うよね。

伊達選手なんかほとんど当ててるだけ~

これで凄いボール飛ぶんだから真似しない手はない。


P.S 両手ハイボレーより恥ずかしい決められないヘタレ・ボレー

両手ハイボレーなんて女性がやるもの!男はフェデラーのようなシングルバックだよ!というこだわりがある男性プレーヤーは多い。私のように両手で打つ人を色々言うのはフェデラー信者が多い事実w

しかし、いくらフェデラー真似してもシングルバックハンドでハイボレーをビッシッと決めるのは難しい。

かっこつけて失敗するぐらいなら、両手でバシッと決めましょう。



これなら女性でも威力があるバックハンド・ハイボレーが打てますので、決められます♪

この動画を真似するだけで、今日から武器になります!

共通テーマ:スポーツ | nice!(0) | コメント(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Copyright © テニス肘・45歳・両手打ち!硬式テニスで勝つ方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。