So-net無料ブログ作成
検索選択

硬式ラケット人気ランキング

テニスはサーフェースで違う!

普段の練習はハードコートがメインです。

跳ねやすいし、スピードも出るサーフェースなので、スリリングな展開が多く好きです。

でも、気楽にテニスをするとなると、オムニコートでしなければなりません。

オムニコートの感想は、スピードが出難く、跳ねないイメージです。

打ち易いボールが飛んでくるので、ラリーが続く。

特にバウンド後、前にボールが推進するというより上に推進するイメージ。

ハードコートのスピンより遅く感じるのはバウンド後のボールの軌道(飛び方の違い)。

練習もしないで、いきなり試合すると空振りしたりする原因。

慣れれば、バウンド後に余裕を持って打ち返せるので楽です。

ダブルスを楽しむならオムニコートでしょうか。

また、オムニは膝にも優しい感じがするので、年配の方に人気なのは理解できます。

そして、今回40ポンドで張ったガッドはハードコートではオーバーばかり。

しかし、オムニコートでは収まるという結果に驚きました。

サーフェースで、テンションは変える必要があることを実感。

自分の場合、ポリエステルならハードコート47ポンド。

オムニコートなら42~44ポンドぐらいが良い感じかな。

確かにポリエステルを緩く張ると、乗る感じが出てフィ―リングと打感は好み。

コントロールが多少、難しくなるが、手には圧倒的に優しい。

モノ・ポリ(プロフォーカス)を張る時はテンションもっと落とそうと思いました。

テニスはサーフェースでも全然違うボールの飛び方になる。

それを考慮してセッティングを変えるのは当たり前なのかもしれません。

インドアコートとアウトドアコートでも飛び変わるしな。

テニスは色々と奥が深い。。。

共通テーマ:スポーツ | nice!(1) | コメント(0) | 編集

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Copyright © テニス肘・45歳・両手打ち!硬式テニスで勝つ方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます