So-net無料ブログ作成

硬式ラケット人気ランキング

BEAM-osはデュアルコイルSPTの後継かも?

ブリジストンから春に発売予定の新ラケットBEAM-os!!

これはどうもデュアルコイルSPTの遺伝子を持つラケットではないかと。

使うなら最重量のBEAM-os295でしょうね。

■フェイスサイズ:107平方インチ
■長さ:27.25インチ
■重量:295g平均
■バランス:320mm平均
■フレーム厚:23.5-26-21mm
■カラー:黄
■素材:カーボン、セプトン
■ストリングパターン:16本(縦)×18本(横)
■適正テンション:45-55ポンド
■グリップサイズ:2、3

フェースが107インチというのがデカ過ぎかな?

でも、今もフェース110インチのブリラケ持っていますが。

そんなに振り難くないし、コントロールも悪くない。

100インチと比べても大して大きくはないんですよね。

そんでオーバーサイズなのに!中厚なのに!

ラケットがしなって、たわむらしい。。。



グロメットを8か所大きくして、スィートスポットを拡大。

そのグロメットにセプトン素材を使用してるw

これだけ聞くと、まじで自分好み。

打球感が柔らかいこと間違いなし。

SPTシリーズもグロメットの一部がセプトン使用してましたね。

それに付け加え、長さが27.25インチのロングなのも自分好み。

これは試合でも相当使えるラケットになりそう。

それでは試打するかといえば。。。

試打を当分しませんw

なぜなら、XブレードVX-R300が絶好調なのです。

自分好みに柔らかい打感になってからSPT300の出番はなくなりました。

ポリ張ってることが唯一の不安点ですが、今のところ痛くなってません。

だから替える必要性もないし、試打することで迷うリスクも出ますw

買替えの時期は1年半後です。

それまで試打はしないのです。

したら欲しくなると思いますw


>【予約品】ブリヂストン(BRIDGESTONE) テニスラケット ビームオーエス(BEAM-OS)295 BRABM1

価格:27,648円
(2017/3/10 07:28時点)
感想(0件)



共通テーマ:スポーツ | nice!(3) | コメント(0) | 編集

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Copyright © テニス肘・45歳・両手打ち!硬式テニスで勝つ方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます