So-net無料ブログ作成

硬式ラケット人気ランキング

自分のテニスをする

テニスの試合をしていて感じたことをメモします。

テニスをしていて、一番つまらないと感じたとき。

それは。。。

試合に負けたとき?

ではありません。

「自分のテニスができなかったとき」

先日、あるベテランプレーヤーがほとんどの返球がロブでした。

こちらが強打しても全部ロブで合わせて返してきます。

それもコントロールよく深く返ってくるのです。

ついついこちらもロブで応戦すると、こちらが慣れていない戦術なので根負けしてミスります。

そして、とうとう敗戦してしまいましたw

このときに素直に思いました。

彼は自分のテニスをして勝ち、私は自分のテニスを忘れ負けたと。

自分のテニスを全力でやって負けたのなら悔しさはありますが、気分は最悪なものにはなりません。

しかし、自分のテニスをしないで負けた時は最悪です。

なんでロブをしっかり下がってベースラインからでも強打しなかったのか?

もっと前後左右に振って相手を走らせることだってできたのに。。。

緩いボールを強打するのは意外に難しいので、練習ですね。

相手がシコろうが関係なく自分のスイングをすること。

これが重要であり、勝ち負けは結果。

自分のテニスをしましょう♪

共通テーマ:スポーツ | nice!(3) | コメント(0) | 編集

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Copyright © テニス肘・45歳・両手打ち!硬式テニスで勝つ方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます