So-net無料ブログ作成
検索選択

硬式ラケット人気ランキング

ラケット面の剛性が高いメリット

冬の夜、寒いですよね。

昨晩も寒い中で3時間練習してきました。

いつもならナイロン張ったラケットを1本用意するんですが。

今年の冬はポリ張ったラケットのみ。

なぜなら、ピュアアエロで手を痛めてから反省をしまして。

1年かけて腕立て、鉄アレイなどで鍛えましたw

ピュアアエロってラケット面の剛性が高いんですが、その分、自分の腕への負担が高いと感じたのです。

凄い高性能で、とにかくボレーがしやすいのです。

その秘密は、面ブレがぜんぜん起きないという事実。

だから真ん中外しても前に飛ぶ!

シャフトの部分が普通のラケットよりも太いから負ける感じが少ないのか?

プロの世界、数年前のアエロドライブ使用率が高かった理由を考えると。

速いスピンボールを返すときに真ん中当たらなくてもいいボールが返るからじゃないかな?

これはラケット面の剛性が低いボックス形状では難しい。

でもボックスだとラケットがしなるから、その衝撃エネルギーは逃げる場所があるんだと思う。

その点、ピュアアエロはしなりが少ないから衝撃が手に直接来るんじゃないかとw

この点を改善したのが、Xブレード VX-Rと新しいVI-Rですね。

アエロドライブのコピーじゃないかと言われれば。。。そうですが。

ピュアアエロより確実にしなるラケットです。

ボックスのXブレードをラウンドに移植したブレード製法のお蔭なんですかね。

なので、手を痛めにくいですね(グリップもセプトンだし)。

デュアルコイルとの大きな違いは面ブレがしないこと。

速い球に強い!!

相手が速いボールを打つならXブレードを手に取ります(試合に勝ちたいから)。

相手が遅いボールを打つならデュアルコイルを手に取ります(打感が好きだから)。

自然とそういう感じになってるw

ラケット面の剛性が高い=試合に強い

実体験の結論です。












共通テーマ:スポーツ | nice!(0) | コメント(0) | 編集

柔らかくなったXブレード VX-R300

昨日、元グリップを替えたXブレード VX-R300の感想です。

柔らかいクッションが効いた元グリップに替えたお蔭で打感もマイルドに若干感じる。

市販のまま使用するVX-R300は私には硬すぎて嫌だった。。。

でも、ストローク&ボレーの安定感は抜群だった。

面の剛性が高く、打ち負け感がまったくないし、振れば振るほど威力が出るラケットだが、硬くて振るのが怖いというか、気持ちよくない。

毎日は使いたくなかった。。。

それが元グリップを替えただけで、かなり柔らかくなった。

こうなると鬼に金棒というか、黄金のラケットにw

SPT300の2倍は攻撃力&ディフェンス力を備えているラケットなので、使うでしょw

サーブが上手く打てなかったが、柔らかくなったお蔭で、叩けるようになった。

元々パワーが凄かったが、これで振れるのだから更に凄いことに。

27.25mmのロング加工、300グラムの重さが打球の重さ&パワーに繋がった。

軽量ラケットにしようかと迷った時もあったが。

今日の対戦相手から「いつもより打球が重く、返し難い」というお言葉を頂き、ラケット選びが間違いないと確信しました。

元グリップ替えるだけで、ここまで気持ちよくスィングできるのか。。。

違和感を感じたら、すぐに修正する行動が大事ですね。

ちょっとした変更で、ラケットのイメージは変わります。

柔らかくなったXブレード VX-R300は今迄打ったこともないボールが行っていますw

特にアングルのショットは打ち易い!

それにボレーは当てるだけで、良いボールが行くんだよな。

サーブ&ボレーなんて苦手なのに、今は楽しくてしょうがない。

デュアルコイルも好きだが、面の安定性は比べるまでもなくXブレードが上。

ただ打感が硬すぎて、競技志向ではない人にはハード過ぎた。

しかし、グリップ替えてマイルドにするという工夫で使える!

ストリングだけで柔らかくしようとしたのが間違いだった。

元グリップをいろいろ試すべきですよ。

ラケットの買い替えはその後だw


共通テーマ:スポーツ | nice!(1) | コメント(0) | 編集

元グリップを替えてみた。

グリップに違和感を感じていたXブレードVX-R300ですが。

やっと元グリップ(リプレースメントグリップ)を替えた。

①細くしたい

②柔らかくしたい

この2つの要求に応えてくれそうなリプレースメントグリップがあった。

昨日、なんとなく立ち寄ったスポーツオーソリティにあった。

PB商品で900円ぐらいでしたw

元グリップを剥がして、止めてあるホチキスも抜いて。

簡単にまき直し完了です。

握った感じはクッションが効いていて柔らかい。

細くなった感じはあまりしないが。。。

これだけで硬いXブレードが柔らかく感じれれば万々歳。

威力は十分なんだから、後は気持ちよく打てるかが大事w

共通テーマ:スポーツ | nice!(2) | コメント(0) | 編集

振動・衝撃吸収の高いラケットでテニス肘ケア!

テニスで手を痛めた経験がある人は多いと思います。

2~3日経てば消えてしまうことがほとんどですが。

でも、万年手が痛い人はテニス肘になる可能性が高いと言えます。

スィングのような技術的な問題が原因であれば、しっかりしたスィングを教えることが可能なコーチを探し、教えて貰うことで解決します。

しかし、ラケットが原因であるならば、ラケットを変えれば痛みが治まりますw

私は軽量ラケットにポリ張って手が痛くなり、スピンサーブでテニス肘となりました。。。

解決した方法は、衝撃振動吸収の高いラケットに替えて、スピンサーブを打たないでした(あと、痛かったので医者に行きレーザー治療もしました)。

衝撃振動吸収の高いラケットとは?

一番評判の高いラケットは、プロケネックスでしょうね。

衝撃吸収の高さこの動画見れば一目瞭然です。



今買うならボックス形状のプロケネックスKi Q Tour 300にするかな。

PROKENNEX(プロケネックス) テニスラケット Ki Q Tour 300(ケーアイキューツアー300) ver.16 CL-13407

価格:28,512円
(2016/12/7 12:34時点)
感想(0件)




ツアースペックで手に優しいのは貴重ですね。

本当に痛い人は、メタルサンド(振動吸収材)が多く含まれているKi Q5 295でしょう。

【New Color】PROKENNEX(プロケネックス) テニスラケット Ki Q5 295(ケーアイキュー5 295) Ver.16

価格:28,512円
(2016/12/7 12:30時点)
感想(0件)




ピュアドラと同じラウンド形状100インチなので飛ばしたい人はこっちか。

次に私が現在使っているブリジストンのセプトン素材を使用しているラケットがお勧め。

【SALE★】【国内正規品:メーカー保証書付だから安心】ブリヂストン(BRIDGESTONE) テニスラケット エックスブレード(X-BLADE)VX295 BRAVX5 ※動画有

価格:14,904円
(2016/12/7 13:00時点)
感想(0件)




今、買うなら前モデルのエックスブレードVX295にナイロン張って打つと思います。

現在使用しているVX-R300に柔らかいナイロンが合わないんですよね。

奥さんのボックスVX305(ナイロン50ポンド)を打ってるんですが、手に衝撃は感じないです。

本当はデュアルコイルにセプトン素材グリップだと一番いいんですけど。。。

ということで未だにデュアルコイルSPT300使用しています。

振動・衝撃吸収の高いラケットでテニス肘はケアできますので、末永くテニスを続けたい方へ。

特にバボラ、スリクソン、ウィルソンの高性能ラケットで痛めた方は試してみて下さい。

個人的にこのメーカーラケット凄い飛びが良く魅力的なんですが。。。

やっぱり手のことを一番に考えてるメーカーさんのラケットを買う。

プロケネックスのメタルサンドとブリジストンのセプトンは振動・衝撃吸収の高いラケットという結論です。

でも、プロケネックスなんてマイナーメーカーは近くのテニスショップに置いてない。。。

試打しないで買うなんて無謀なこともできないですよね。

そんなときは試打レンタル。

500円で試打が可能ですので、利用してみてください。

プロケネックス(PRO KENNEX)Ki Q Tour 300 Ver.16(G2)レンタル試打ラケット【1週間¥500】【ご注意ください】支払方法はクレジット決済限定とさせて頂きます。全額楽天ポイント使用も不可とさせて頂きます。【fy16REN07】

価格:500円
(2016/12/7 14:34時点)
感想(0件)




試打ラケットを郵送で送ってくれて便利です。

ブリジストンのラケットもあります。

タグ:テニス肘
共通テーマ:スポーツ | nice!(1) | コメント(0) | 編集

Myポリガットの最終選考スタート!

自分のガット選びは数カ月にも及んでいる。

しかし、ここに来てやっと結論が出ようとしているw

手がもつ限り。。。

ポリエステル一択だ!!

大丈夫だろうか?という不安はある。

しかし、勝つためにはポリを使うしかないんだ。

ナイロンであるアスタリスタは気にいってるが、打球が軽い。

叩きたいときに、吹かすことがある等、試合には向いていない。

最終的にはポリエステルから2つに絞られた。

1.ポリブレイク17

2.プロフォーカス125

両方とも飛びがよくベースライン際で落ちてくれ、相手を押せるパワーがある。

SPT300に同じ45ポンドで張り2本のラケットを交互に試した。

11月5日(土)1回目テスト

最初ポリブレイクはいつもより雑振動を感じた。

張りたてなのでしょうがないと思い、すぐにプロフォーカスに持ち替えると。

振動は全く感じられないし、以前に感じた硬さも全然気にならない。

ハードヒットするとボールを捕まえる打感は気持ちが本当によい。

今日はプロフォーカスに軍配が上がった。

明日は、少し変化してるであろうポリブレイクを試す予定。

11月6日(日)2回目テスト

ポリブレイクから使うと昨日の雑振動は感じられなくなっていた。

振動がなければ好みの打感だと再認識。

プロフォーカスと打ち比べて理解できたこと。

それはポリブレイクのクッション性は独特だということ。

これは海島3本のポリを1つに束ねることで生まれるクッション性だろう。

グッと掴んで弾き戻しの力が手に加わり、スィートで捕まえた時の威力は凄い!

パワーではプロフォーカスよりも上であることがわかった。

しかし、スィートは若干狭く感じられ、フレームショットのような外して、上に上がる力の無いミスショットも増えた(ポリブレイクだとフラットで叩けば飛びすぎるので、自然とスピンを掛けるスイングになるようだ)。

コントロールは決して悪いわけではないが、プロフォーカスの方が素直に飛ぶので良い。

ポリブレイクの方が弾道は上に上がり易いので、スピンを掛けて高弾道での攻めに向いている。

逆にプロフォーカスの方はフラットドライブで低弾道で飛ばしても最後に落ちてくれるのでバックアウトしない。

ボレーはポリブレイクのクッションがよく効いているのか、掴んで飛ばすので扱い易いし、楽に飛ぶ。

プロフォーカスは少し押してやらないと飛ばない。

サーブもポリブレイクのクッション性の良さを感じた。

強いサーブを打てば打つほどグッと一瞬もってくれるので、そこから回転を掛けると掛り易く落ちるのでファーストサーブが気持ちよく入る。

プロフォーカスだと強い入力でボールが潰れないとベースラインを遥かに超えるサーブw

この日は結局ポリブレイクをほとんど使って練習終了。

2セット練習試合をして6-2、6-2で二つも勝てたから相性がいい。

というかポリブレイクの方が使い慣れているし、自分のスタイルにあっているような気がする。

しかし、打感はプロフォーカスが気持ちよいし、フラットで飛ばすからスピードも出るね。

正直どちらも良いというのが2日目のテストが終わった感想w

どっちでもいいならロールがまだあるポリブレイク17を使い切れよwww

結論出たよ~!!


11月12日(土)3回目テスト

プロフォーカスはテンション落ちも感じられず、いい感じで打てている。

ポリブレイクに比べると若干飛ばない。

コントロール重視ならプロフォーカスだろう。

ただ、純粋なモノ・ポリなので、打ち込んでいくと手の負担を感じるのは確か。

その点を考慮すれば、海島構造のポリであるポリブレイクは手に優しいので今週も出番が多い。

これは同時に使うことでわかることだが、その時の気分でラケットを手に取るんだけど。。。

手がポリブレイクを取ってくれ~と言っとりますw

ILD16を選択した時もそうだが、手を痛め難いポリという選択肢は外せない要素。

クッション性があるポリエステルって貴重ですね。

RPMブラスト等のモノ・ポリエステルで手を痛めたり、違和感を感じるなら。

ポリブレイク等のクッション性があるポリマルチ系のストリング選択を一度試すことをお勧めします。

総合的に考えるとポリブレイクでしたねw

テンション維持も3週間は持ちますしね。

まあ、ゴーセンさんからILDの進化系が出たら試しますが、当分はポリブレイクで行きます。

色は黒がいいんだけど打感は白の方が全然良かった。

しかし、1回のテストでは偶然ということもあるし、ポリブレイク125の白と黒をもう一度だけ比較してみるかw

最後は色の再テストということで。

白張ってみよう。


11月13日(日)4回目テスト

プロフォーカスを切るのがもったいないので、何気に使う。

これが大きな間違いなのかw

プロフォーカスはフラットドライブで打つと最高なのは知ってたが。

シングル向きだということ今日知りましたw

コントロールがいいからシングルスライン狙うのにいいんだよね。

それにフラットで収まるからスピードも出る。

シングルスで叩き合うのに向いてる。

もうなんだか甲乙つけにくいので、両方使うよw

ただ、やはり手の疲労が気になるので、メインでは不安があるが。

この打感と打ちごたえは病みつきになる。

今日はプロフォーカスの日。

優柔不断なのか?

本当に甲乙つけにくいのか?

自分が、よくわからん。


11月14日(月)5回目テスト

ポリブレイクは硬化が感じられた。

打つとボールが重く、打感も鈍いので使用を途中で止めた。

プロフォーカスに持ち替えると今度は伸びてる感じがした。

時間が経つにつれてバックアウトが目立つようになり、テンションロスかな?

張ってから10時間ぐらい打ってるのでしょうがないのか。。。

でも、3日連続で打ってるので筋力も体力も顕著に落ちてる。

自分の体調も関係があるような気もするが。

プロフォーカスを良い状態で打ちたいなら2週間に1回の張り替え必須だな。

ポリブレイクが2~3週間に1回で、ILDは1ヵ月に1回という感じ。

更に言うとアスタリスタが1ヵ月半に1回だからコスト的に最強(切れたことが無い)。

練習はアスタリスタで試合はプロフォーカスで臨めればいいけど(手にも優しい)。

ボールのタッチ感が全然違うので、そんな器用な芸当はできないw


11月19日(土)6回目テスト

ポルブレイクは張り替えに出した。

残り8張ぐらいあるので、無くなるまでメインで使用する。

その後はプロフォーカスにするかもしれないけども。

3週目のプロフォーカスは多少伸びていても、スピン性能は良い。

だからバックアウトしないようにスピン気味に打てば使えた。

張りたてはフラットで打ちたくなるフィーリングがあるんだよな。

レッドコードWAXやHDアスタポリと同じ打感の軽い柔らかい感じ。

ソフトポリ系に分類されるNEWポリの特徴は雑振動が少ない。

2015年以後に出てきたポリはビリビリとした振動がほとんど無いからいいよね。

これにポリブレイクのクッション性が備わったら最強なのにな。

ゴーセンのILD後継に期待してるんだけど。。。

ポリブレイクは柔らかいけど雑振動はあるから3週間以上の張りは止めてる。

そう考えると、ILD16はクッション性&雑振動の総合力で一番いい。

テンション全然落ちないしねw

プロフォーカス使う理由は決めのショット!!

ピンポイントで狙えるのでシングルスでの恩恵を顕著に感じた。

パワーはポリブレイクより若干落ちるので振っていかないと、ボレーも押してやらないとダメ。

打った分だけ飛ぶからコントロールはいいよね。

いくら打っても同じ感想になるな。。。


11月20日(日)7回目テスト

張りあがったポリブレイクを使う。

やはり張りたてでもクッション性を感じる。

ボレーの時はグッと一度掴む感触が出るよ。

ストロークは飛ぶから回転掛けて打たないと?

やはりこの辺が分かれ目だなと思った。

試合になれば無意識に打つことも多く、相手が強ければ自由に回転は掛けさせてくれない。

今日は相手のボールが速く、回転掛ける前に弾かれ気味。

そうなるとフラットでコントロールがいいプロフォーカスがいい!

今日の試合途中で持ち替えたら顕著にわかった。

素直にフラットでスピードボールを捉えることができたら、凄いリターンが飛ぶ。

そんで落ちるんだよな~

ポリ落ちというよりプロフォーカス落ちw

ボレーの感触がポリブレイクの方がいいけど。

この飛んで落ちるポリは魅力的だ。

11月24日 8回目テスト

今日もプロフォーカスを選択。

前回はこの辺でテンションが維持できず、ズルズル落ちたけど。

張りたてから一段落ちたぐらいから落ち着いている。

前回はネイビー、今回は新色のブラックシルバーなので、色の特徴か改良があったのか?

自分のパワーではしっかり振らないとショート気味なので、練習でも手を抜けないw

しかし、試合に入るとどうしても力が入ってしまう場面が多く出てくる。

その時は、「飛び過ぎか?」と思っても、今日もベースライン近辺で落ちてくれた。

練習では厳しいが、試合になると優しいコーチに変身してくれるプロフォーカスが気に入ったw

11月26日 9回目テスト

プロフォーカスに慣れてくるとポリブレイクの乗る感じが重く、手応えがあり過ぎと思えてきた。

別に嫌いになった訳ではなく、重みがボールに伝わってるイメージ。

逆にプロフォーカスの乗る感じは、軽快にホールドして跳ね返す。

今どきの軽さがあるのにホールド感も強いので、狙ったところにスポーン!と飛び出すw

皆が言う通り、RPMブラストの打感に似てる。

スピン性能はブラストの方が上。

フラットで攻めるならコントロールのいいプロフォーカスか。

でも、ブラストよりは手への負担が少ないからね。

ピュアアエロとブラストのセッティングで手を痛めた時のこと思い出したw

ストローク打ち込んでたら、いきなり骨に響いて握れなくなったな。。。

11月27日 10回目テスト

プロフォーカスのテンション維持は前回よりも明らかに良い。

今日も練習には問題ないレベルだった。

来週は試合があるので、張り替える予定だが、3週間使えたので合格。

デュアルコイルとXブレードの両方に合ったのがプロフォーカス。

なかなか2つの違うラケットに合うストリングを探すのは難しかった。

誰でも使える癖の少ないポリガットだと思う。

共通テーマ:スポーツ | nice!(0) | コメント(0) | 編集

テニスはサーフェースで違う!

普段の練習はハードコートがメインです。

跳ねやすいし、スピードも出るサーフェースなので、スリリングな展開が多く好きです。

でも、気楽にテニスをするとなると、オムニコートでしなければなりません。

オムニコートの感想は、スピードが出難く、跳ねないイメージです。

打ち易いボールが飛んでくるので、ラリーが続く。

特にバウンド後、前にボールが推進するというより上に推進するイメージ。

ハードコートのスピンより遅く感じるのはバウンド後のボールの軌道(飛び方の違い)。

練習もしないで、いきなり試合すると空振りしたりする原因。

慣れれば、バウンド後に余裕を持って打ち返せるので楽です。

ダブルスを楽しむならオムニコートでしょうか。

また、オムニは膝にも優しい感じがするので、年配の方に人気なのは理解できます。

そして、今回40ポンドで張ったガッドはハードコートではオーバーばかり。

しかし、オムニコートでは収まるという結果に驚きました。

サーフェースで、テンションは変える必要があることを実感。

自分の場合、ポリエステルならハードコート47ポンド。

オムニコートなら42~44ポンドぐらいが良い感じかな。

確かにポリエステルを緩く張ると、乗る感じが出てフィ―リングと打感は好み。

コントロールが多少、難しくなるが、手には圧倒的に優しい。

モノ・ポリ(プロフォーカス)を張る時はテンションもっと落とそうと思いました。

テニスはサーフェースでも全然違うボールの飛び方になる。

それを考慮してセッティングを変えるのは当たり前なのかもしれません。

インドアコートとアウトドアコートでも飛び変わるしな。

テニスは色々と奥が深い。。。

共通テーマ:スポーツ | nice!(1) | コメント(0) | 編集

ポリガット40ポンドで緩く張ってみた~

ポリブレイク17を40ポンド張ってみました。

どうしてこんなに緩く張ったかと言うと。

この動画を見てしまったからです。



まあ何でも試してみたいので。。。

さて、ポリ40ポンドで張るとグニャとした柔らかさを感じます。

打った感じは、乗り感が凄い増しますね。

ポリブレイク17の打感がILD16に近くなったように、ボールにベチャッとまとわりつく感じがします。

顕著なのは、ボレーが乗りまくるのでコントロールが楽でした。

しかし、サーブとストロークは。。。

制御できずに強打すればことごとくオーバーしてしまいましたw

結論、テンション40は無理!!

私の適性は47ポンドぐらいですね。

共通テーマ:スポーツ | nice!(1) | コメント(0) | 編集

ポリグランデ・プロフォーカス125とVX-R300

ポリグランデ・プロフォーカス125は2回目のインプレとなります。

色はネイビーです。

今回はXブレード VX-R300に45ポンドで張りました。

ボールを突いた時に「面の安定性が抜群だ!」と思いました。

しっかりまっすぐボールリフティングできました。

今日はほとんどストローク練習しかできなかったので、ストロークの印象を。

まず、乗り感がいい~

ポリブレイクのような一瞬掴む感じではなく、面全体にボールが乗る感じ。

やはり乗る感じが強いから滅茶苦茶コントロールしやすい。

特にストレートが打ち易いんだよな。

まっすぐ飛ぶからダウンザラインを狙いたくなるw

チャンスボールも本当に決めやすい。

しっかり乗っけてスピン掛ければ一撃で決まります。

抑えも効くしいいぞプロフォーカス。

TOALSON(トアルソン)__ ポリグランデ・プロフォーカス125_ネイビー(テニス/ガット・ラバー)【02P01Oct16】

価格:1,797円
(2016/10/2 22:57時点)
感想(0件)




最大の武器はフォアのクロスを全力で入力し打ち込んだとき。

急角度で落ちるボールが打てました。

飛んで落ちるポリの宣伝通り、いい感じですね。

飛びはいいです。

楽に飛ばすことができるので、ポリブレイクと同じ感覚ですね。

自分のポリ好みがわかって来ました。

喰い付いて、柔らかく、振動が少なく、よく飛ぶポリ。

本日は、サーブとボレーをしなかったので後日レポートします。

肝心の打感は、前回SPT300で感じた硬さは皆無でした。

一度もナイロンのラケットに持ち替えることなく練習を終えたので。

やはり好みの打感であるのは間違いない。

テンション維持率はよくないので期待しないが、3週間はもってほしい。

もう一つのラケットにポリブレイク17(白)を張って最終比較をしてみたいと思います。

<ボレー編>

まず、ボールが面に乗るのでコントロールはしやすいが、当てただけでは飛ばない。

少し押してあげる必要があり、距離感を掴むのに慣れが必要でした。

面の安定性が抜群なので、ブレが少なく打球は気持ちいい。

<サーブ編>

印象としては普通。可もなく不可もなく。

回転量はポリブレイクの方が上かな?

フラットは叩けないと飛んでしまうこともあったので、これも慣れが必要でした。

<実践編>

コーチと2ゲームだけで打ち合いました。

まず安心してストロークが打てるので、長いラリーが続いた。

決めたいときにピンポイントでコースを狙えたので、サービスゲームをキープできた。

いくら格上でも届かないところにボールを運べれば決められる。

しかし、サーブは課題が残った。

叩けないので、ダブルセカンドサーブとなり厳しいリターンが飛んできて苦戦。

でも回転掛ければサービスコート内にストーンと落ちてくれるので合格点はつけられる。

<合計4時間の印象>

コントロールが良く、打球感が気持ちいい。

プロフォーカス125とVX-R300の合性は良い。

それにSPT300とも合性が良いので、買って損はないガット。

癖があまりないから、どんなラケットにも合いそうな気がします。

4時間ではテンション維持性能はわからないが最初に比べ落ちてはいない。

しかし、前回は10時間でガクッと落ちたからなw

ロールで買うかどうかはポリブレイクの再検証の結果次第かな。



共通テーマ:スポーツ | nice!(0) | コメント(0) | 編集

ボールを掴む感覚があるストリング

ボールの弾きが強いと飛びの距離とコントロールが制御できない。

当たった瞬間に飛び出てしまう感覚。

オーバーサイズラケットで打つとこの感覚がわかりやすい。

当てるだけで飛ぶから年配の方には人気がある。

面作るのが上手い人はこの弾きを利用してスライスを多用する。

しかし、振ってコントロールする人にはとても使い難い。

振る人はボールを一度掴んでから打ち抜く感覚があるラケットの方が良い。

掴む感覚が得やすいラケットは存在する。

ボックス形状のラケット全般。

メーカーではスリクソンのラウンド形状もよく掴む感覚がある。

あと、ブリジストンのラウンド形状も機種によっては掴みが大きい。

でも、ボールに直接触れるガットの方がボールを掴む感覚に影響を及ぼすと思う。

今迄使用したガットで掴む感覚があるものをランキングしてみました。

<掴むナイロン>
1位 X-Oneバイフェーズ
2位 アスタリスタ
3位 NRG2

<掴むポリエステル>
1位 プロフォーカス
2位 ILD16
3位 RPMブラスト

現在の悩みはVX-R300のガットがしっくり来ない。

それで、何が足りないかと考えた結論はボールを掴む感覚が飛びと一致していないような。

VX-R300のフレームにはナイロンは合わせ難いのでポリ単体で張ることにした。

最も喰い付いてピンポイントで狙うことを目標に開発されたであろうプロフォーカス。

テンション維持は期待していない。

ただただ気持ちよく打てるかどうかだw

TOALSON(トアルソン)__ ポリグランデ・プロフォーカス125_ネイビー(テニス/ガット・ラバー)【02P01Oct16】

価格:1,797円
(2016/10/2 22:57時点)
感想(0件)




P.S テスト後に、プロフォーカスがメインガットに決定しました。ポリにしては柔らかい、飛ぶ、掴む!それなのにコントロールが良くまっすぐ飛ぶ&落ちるのに感動。打感も気持ちよく申し分ない。唯一の難点であるテンション維持だが、ズルズル落ちる感じがしなくなった!?新色のシルバーではテンション維持が良いと感じた(改善したのか?)。今度は水色で試してみようと思う。発売当初のネイビーは10日ぐらいで落ちが酷かったけどねw 中厚でしなりが強いVX-R300は合うガットを見つけるのが難しいがプロフォーカス125(シルバー)なら自信をもっておススメできます。

共通テーマ:スポーツ | nice!(1) | コメント(0) | 編集

HDアスタポリの感想

クラブハウスに行って、HDアスタポリを即張りしてもらいました。

色は黒じゃなくブルーにしました(最近、黒は外ればかりだからな~)

miniDSC01302.jpg

ラケット:デュアルコイルSPT300

クロス:アスタリスタ125
メイン:HDアスタポリ125

両方とも50ポンドです。

アスタリスタ125の単張りとの比較です。

単張りでの打球感の軽さは消えましたが、重いというよりは飛びがシャープ。

強くハードヒットできたときのフォアは超速いだけでなくパワーも出てる。

でも、バックで上手く当たらなかった時に何度か失速してネット。。。

アスタリスタの特徴である入力の度合いで飛びが変わるのが感じられた。

この飛びに慣れるのに少し時間が掛った。

スピンもいい感じで掛かるが、フラットで当たるとスピードが出るので、低い弾道で打ち込む楽しさがあった。

一番良かったのがボレーで、ナイロン単体のひ弱さが無く、面がしっかりして飛びもシャープ。

一番良くなかったのがサーブで、飛び出しが早く、イマイチ気持ちよく潰れてくれなかった。

HDアスタポリの印象は掴むより飛びが鋭い感じがする。

掴む方が好きなので、どうかな?とも思うところがあるが、これはこれでかなり良い。

もう少し、打ち込んでみたいと思った。

それとハイブリッドだと判断が難しい部分だが、手には嫌な振動が全く来なかったので、安心して使える。

クロスのアスタリスタが凄く効いているので、単張りと打感は似ているが、単張りの方が乗る感じがする。

でも、ポリ特有の急角度で落ちるボールが何度か打てたのでスピン量は多いと思う。

ハードヒットしてもガツンとした重い打感は皆無です。

それとアスタリスタ単張りだと荒れまくるガットのズレがほとんどない!!

これだけでも評価が高いw

サーブだけ大きく不満だったが、今日は調子が悪かっただけかも?

明日もう一回サーブを打ってみたいと思います。

トアルソン(TOALSON) テニスガット HDアスタポリ 125(ブルー) 単張りガット 7472510B

価格:1,660円
(2016/9/24 22:17時点)
感想(0件)




(2日目)計4時間打ちましたが、初日に感じなかった硬さ(ちょっとガットの硬化)を感じてしまい単張りアスタに替えてしまいました。悪くはないと思うんだけど、やはり喰いつきよりも弾く感じのストリングだと思った。飛びはいいけど、これならアスタリスク125の飛びでも良いのでハイブリッドにする意味は薄いかな。HDアスタポリ単張りで張れば印象はガラリと変わるかもしれないけど、アスタリスタのポリ版のようなガットという印象?そのままじゃんねw

(1週間後)少しだけ打ったが打感が鈍い。アスタリスタ単体の気持ちの良い打感の足元にも及ばない。単張りで十分だと思わせてくれたことが収穫。。。

共通テーマ:スポーツ | nice!(0) | コメント(0) | 編集
Copyright © テニス肘・45歳・両手打ち!硬式テニスで勝つ方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます