So-net無料ブログ作成
検索選択

硬式ラケット人気ランキング

プロフォーカス125ブルー(ガットの色違いインプレ)

お気に入りのガットであるプロフォーカス125のブルーを入手した。

早速、張上げてもらい打ってきました。

miniDSC01503.jpg

以前から気に入ったガットの色違いで打感が変わることを体験してきましたが。

今回プロフォーカス125は既に、ネービー、シルバーは体験済み。

最後のカラーであるブルーです。

同じ48ポンドで張りました。

打った瞬間から「うっ!違う」と感じました。

微妙な違いと言えば、そうかもしれませんが。

明らかに喰い付きが薄い。。。

弾きが若干強い印象です。

ネービーとシルバーで感じた手元で持つ感じと違います。

球離れが少しだけ速いので、軽快感はこちらの方が上です。

これはこれでありだと思いました。

ただ、張りたてだからこの様に感じるだけかも?

そう思って1週間打ちましたが、いつもの喰い付きは感じません。。。

同じガットでも色が違うと変わるという結果がプロフォーカス125でも起きました。

だからガットは色の着色で打感変わるんですよw

まあ何張っても同じに感じる人には、微妙な違い過ぎてわからないかもしれないですけど。

敏感な人には重大な問題なのです。

プロフォーカス125の印象(振動が少ない。柔らかい。飛びがいい。ベースライン際で落ちる)

ネイビー…喰い付きが一番いい。テンション維持が悪い。
シルバー…総合的に一番まとまってる。
ブルー…球離れが速い。軽快。

ブルーは球離れが速いからか、ベースラインでの落ち方がイマイチ(自分の場合)。

安定して深いボールを集められなかった(自分の場合)。

回転がいつも通り掛けられないのね(自分の場合)。

ということでプロフォーカス125シルバーをロール購入しました。







共通テーマ:スポーツ | nice!(4) | コメント(0) | 編集

ニック・キリオスのサーブを真似たいw

ニック・キリオスのサーブ真似たいんですよね。

なんたって、速いし読めない。

凄いリラックスしてサーブ打ってんだよな。

もう自信満々だし。

リストの使い方も柔らかいので、鞭みたいなサーブの振り方。



とりあえず今日の練習前に動画を何回もチェック。

そしてコートへ出向いてキリオスをイメージしてサーブ!

ドカン!!とホームラン連発w

イメージ的にはできてる筈なのに、結果はサーブ全然入らない。。。

もう家に帰ってもう一度、動画を見る。



ラケットの持ってる感じがブルブラしてるので、全然握ってないのがわかる。

下の動画はキリオス・サーブの詳しい解説をしてくれてます。



なかなかハードルが高そうだけど、練習してコピーします。

今のサーブはダブルフォルト激減したが、威力が今一つ。

上級者の相手には通用しない。

もう一つ上に行くにはサーブの改良が必要なのです。

チャレンジは続く。。。

共通テーマ:スポーツ | nice!(3) | コメント(0) | 編集

試打はいつも使ってるガットを張らないと意味ない

どのタイミングで気に入ったラケットを追加で買うか悩みませんか?

私の場合、エックスブレードVX-R300のセッティングが思いの他に時間が掛り過ぎて、3本目の購入検討が今になってしまいました。

もう新品では売られていません。。。

中古での購入になってしまうこのタイミングでの追加購入は買いずらいです。

後継のVI-R300にするのもギャンブルな気もしないではないしな。

折角、自分好みのセッティング見つけたのにラケットが無いなんてね。

そうなると新発売のタイミングで1回購入して、廃盤になる時にもう一回買い足すのがベストなんかも知れない。

しかし、今買うなら選択肢は中古しかない訳で。。。

ある2本がダメになるまで使用して、それからまた新しいラケットを探すと言うのも手だけど。

中厚でこんなにしなって掴んでギュィ~んと飛ばしてくれるのあんのかな??

しかし、何故かこのしなりは、プロフォーカス125張らないと感じられない。

プロフォーカスの球もち感とのコラボなんだろうけど。

そうすると、試打するときは常にプロフォーカス125張らんと意味ないねw

試打はいつも使ってるガットを張らないと意味ないという結論。

そういう意味ではラケットよりもMyガットが大事な気がしてきた。

ガットもころころ替えてるようではダメだな。

どのラケットに張っても自分好みの打感があるガットを見つけられたんだから幸せということかな?

今日は、怪我しない限りプロフォーカス125で行こうと思った。

他のガットだと球もち感が全然ちがうんだよね。

共通テーマ:スポーツ | nice!(3) | コメント(0) | 編集

スプリットダブルハンドという最終兵器

プロの世界でスプリットダブルハンドで打つプレーヤーが増えていますね。

男子では錦織、ジョコビッチ、フェレールが有名。

女子ではクビトバ、アザレンカ、

このスプリットダブルハンドは簡単で、両手打ちのグリップ右手と左手の間を空けて握る打ち方です。

ジョコビッチ選手のスプリットダブルハンド動画です。



ジョコビッチのバッグハンドといえば安定感抜群ですよね。

スプリットダブルハンドでバッグを打つと安定するんです。

そして最大の特徴は速い球に強いということです。

ボールに近いところを握って支えて押すので、押し負けにくいのです。

凄い威力のリターンが返りますので、ダブルハンドの方はやる価値ありです!

デメリットは多少リーチが短くなります。

だから全部のボールをスプリットダブルハンドで打つ必要はありません。

慣れれば使い分けることも可能です。

また、両手フォアなので、フォアでも使うの?という疑問ですが。

残念。。。使えません。

使いませんではなく、両手フォアでは使えないのです。

パワーも全然乗らないし、打ちにくいだけなのです。

森田選手はフォアはグリップ長く持つけど、バッグは元々から短く握ってますよね。

だからバッグはスプリットダブルハンドと同じ効果が出てると思います。

プロ選手のグリップ見るだけでも勉強になります。



森田選手を参考にして、たまにフォアを強打するとき短く握って打つ練習しています。

これが中々。。。

興味あるかた試してみてください。

共通テーマ:スポーツ | nice!(3) | コメント(0) | 編集

BEAM-osはデュアルコイルSPTの後継かも?

ブリジストンから春に発売予定の新ラケットBEAM-os!!

これはどうもデュアルコイルSPTの遺伝子を持つラケットではないかと。

使うなら最重量のBEAM-os295でしょうね。

■フェイスサイズ:107平方インチ
■長さ:27.25インチ
■重量:295g平均
■バランス:320mm平均
■フレーム厚:23.5-26-21mm
■カラー:黄
■素材:カーボン、セプトン
■ストリングパターン:16本(縦)×18本(横)
■適正テンション:45-55ポンド
■グリップサイズ:2、3

フェースが107インチというのがデカ過ぎかな?

でも、今もフェース110インチのブリラケ持っていますが。

そんなに振り難くないし、コントロールも悪くない。

100インチと比べても大して大きくはないんですよね。

そんでオーバーサイズなのに!中厚なのに!

ラケットがしなって、たわむらしい。。。



グロメットを8か所大きくして、スィートスポットを拡大。

そのグロメットにセプトン素材を使用してるw

これだけ聞くと、まじで自分好み。

打球感が柔らかいこと間違いなし。

SPTシリーズもグロメットの一部がセプトン使用してましたね。

それに付け加え、長さが27.25インチのロングなのも自分好み。

これは試合でも相当使えるラケットになりそう。

それでは試打するかといえば。。。

試打を当分しませんw

なぜなら、XブレードVX-R300が絶好調なのです。

自分好みに柔らかい打感になってからSPT300の出番はなくなりました。

ポリ張ってることが唯一の不安点ですが、今のところ痛くなってません。

だから替える必要性もないし、試打することで迷うリスクも出ますw

買替えの時期は1年半後です。

それまで試打はしないのです。

したら欲しくなると思いますw


>【予約品】ブリヂストン(BRIDGESTONE) テニスラケット ビームオーエス(BEAM-OS)295 BRABM1

価格:27,648円
(2017/3/10 07:28時点)
感想(0件)



共通テーマ:スポーツ | nice!(3) | コメント(0) | 編集

ラドワンスカがスリクソン REVO CV3.0aga

今年一番の驚き!

ラドワンスカがスリクソンと契約したこと。

そんで、特別限定販売のスリクソン REVO CV3.0agaが発売される。



これは見た感じだけでも凄い扱い易そうなスペック。

重量290g バランス325mm

ラドワンスカは少しトップヘビーなラケットが好みなんだよね。

ラケットの重みを感じてスイングするタイプだから。

打ち易そうだけど、ピンク色がな。。。

男子には若干つらいかもしれんw

強烈なラドワンスカ・ファン限定かな?

>【予約品】テニスラケット スリクソン(SRIXON) REVO CV3.0 Aga(レボ CV3.0アガ)SR21710 ※A・ラドワンスカ使用モデル ※Sonyスマートテニスセンサー対応モデル

価格:29,376円
(2017/2/11 12:34時点)
感想(0件)




限定と言えば、このラケットは限定生産らしいので、欲しい方はお早めに。



WTAシドニー大会での動画。スリクソンバッグ担いできたラドワンスカが準優勝。

コンタの強烈なフォアにやられてしまいましたが。



こちらの方がいいプレーが沢山あります。

ラケットの操作性はすごい良さそうな感じですね。

男性ならブリジストンのVI-R290が同じようなスペックなので選び易い。

重量290g バランス325mm

>ブリヂストン(BRIDGESTONE) テニスラケット エックスブレード ブイアイアール 290(X-BLADE VI-R 290) BRAV65

価格:24,190円
(2017/2/11 12:33時点)
感想(0件)



共通テーマ:スポーツ | nice!(1) | コメント(0) | 編集

プロケネックス Ki Q5 280でテニスエルボー対策

テニス仲間のメンバー2名がテニスエルボーになりました。。。

そこで、プロケネックスを紹介したところ即購入。

その時に、プロケネックス Ki Q5 280を試打させてもらいましたのでインプレします。

まず、プロケネックスを選ぶ時はQ5シリーズか、ツアーかで悩むと思うんです。

Q5シリーズの厚さ22mmでツアーが19mmです。

ピュアドラに代表される中厚が26mmあることを考えれば薄いです。

比べればパワーがなく飛ばないと考えると思いますが。

普段から中厚100インチ・300グラムを使用してる人はQ5 280か295で丁度いいと思います。

個人的にはQ5 280でもメインで使用できると感じるほど。

Ki Q5 280は不思議なラケットで、当てるだけのボレーやスライスは飛びます。

しかし、しっかり振ると抑えが効いてコートへのおさまりが良いです。

当てるだけの時に、何かKinetic(砂)のパワーが作動しているような感じでした。

普段の感覚よりかなり弾いて飛びました。

ボレーやブロックリターン、スライスは慣れる時間が必要だと感じました。

違和感はこの点だけ。

素晴らしい点は、やはり衝撃吸収性でした。

まったく手に衝撃は来ないので、手が痛い人の武器になること間違いなし。

打感が手に来ないので、ボヤけるかと思うのですが、打ち応えもありブンブン振れました。

振ればオーバーパワーする感じはないのと回転もよく掛かるので入ります。

280グラムの軽量を生かして振ってテニスをすると楽しいですねw

特にスマッシュが決まる決まる!

サーブもスィングスピードが上がるのでスピン打ち易いです。

ちなみにガットはアスタリスタ130のナイロンガットが張ってありました。

ナイロンでこれだけおさまるので、手が痛いなら使うべきですよ。

軽量・中厚ラケットは手に響くので、どうしても300グラム以上を無理して使う人も多いと思います。

プロケネックス Ki Q5 280ならその心配なしです。

これにポリ張ってダブルスしたら凄いパフォーマンスになりそうな予感。

ボレーでの飛び過ぎ感も抑えられると思うし、ポリ張っても心配ない気がする。

噂以上のラケットでした。

>【店内全品ポイント10倍!※2/10 20:00~2/10 23:59】[プロケネックス テニスラケット]Ki Q5 280 ver.16/Kinetic Q シリーズ(CO-14675)

価格:17,820円
(2017/2/11 12:41時点)
感想(0件)




プロケネックス Ki Q5シリーズでテニスエルボー対策は万全ですね。

攻撃力もあるラケットなので、無理してバボラ、ウィルソン使うならプロケネックス。

一般の人が草テニスで使うならQ5が最適だし、選手レベルが使っても満足度が高いと思う。

個人的には後ろでストロークするならQ5 295を選ぶ。

でもサーブ&ボレーで攻めるなら280かな。

軽量で取り回し最高なのにフルスイングで打ち込めるんだから。

そんでポリ張っても安心ならね。。。

軽量ラケット挑戦で、デュアルコイルSPT280ではオーバーパワーとなりフィットしなかったが。

これはいいです。

VX-R300で手を痛めたらSPT300に戻すと思うが、プロケネックス Ki Q5 280も候補。

こんな良いラケットがウィルソンやヘッドより売れてないとは。。。

世の中おかしいねw

どんだけCMやイメージで商品選んでんだ~


共通テーマ:スポーツ | nice!(1) | コメント(0) | 編集

やっとメイン・ラケット完成した。

Xブレード VX-R300が本日メインラケットになりましたw

ここまで来るのに時間と金が掛りました~

市販のままでは使い難かったけどね。

一番難航したのはガット選びでした。

このラケットに合うガットむずかしいよね。

ピュアアエロもそれを感じたけどVX-Rも本当に合うのが少ない。

個人的には・・・

1位 トアルソン・ポリグランデ125
2位 ゴーセン・ポリブレイク125
3位 テクニファイバー・レッドコードWAX 120

ナイロン単体で張ると、せっかくの面剛性力の良さが消えてしまう感じがした。

ハイブリッドも同じ。

ポリも上記の3つ以外は硬すぎ・打感悪すぎで使い物にならない。

ポリグランデ125はどのラケットに張ろうが、好みな打感になるので、今回はガットの恩恵が凄い。

TOALSON(トアルソン)__ ポリグランデ・プロフォーカス125_ネイビー(テニス/ガット・ラバー)【02P01Oct16】

価格:1,797円
(2016/10/2 22:57時点)
感想(0件)




ポリ・モノなので、メインで張るつもりはなかったが。。。

面の剛性が高いラケットに安定性(まっすぐ飛ぶ、ぶれ難い)抜群のガットで相乗効果を発揮している。

手のリスクを上回るほどの素晴らしいラケットに仕上がったので使用に踏み切ったw

これで再び故障したら笑って下さい。

これを使用可能にしたのは何といってもクッション性の高い元グリップ交換でしたね。

ブリジストンの公式ページでも「競技者が求めるグリップの角を感じ、柔らかすぎない素材を全品番に採用」と書いてる通り。

一般の人には合わないグリップではないかと。。。

だから、柔らかい元グリップに替えるだけで見違えるほど優しくなったXブレードw

ラケットが硬くて、悩んでる方多いと思うんですよね。

元グリップ交換してみましょう。

いい感じになる可能性大です!!

やっとメイン・ラケット完成したので、当分は集中してテニスに打ち込みたいです。

道具選びは楽しいんですけど、やり過ぎると上達の妨げになりますね。

あと2年はこのセッティングでプレーするのが目標です。

できるかな?いつ病気が発動するのか心配ではありますが。。。

とりあえずポリグランデ125をロールで買いますw

P.S 柔らかく感じるXブレードでは100%のフルスイングができるようになったことで、相手の速い1stサーブを打ち返すのが容易に感じる。それと、デュアルコイルではブレて弾かれることが多かった回転量の多いスピンサーブを踏ん張って一度ラケットに捉えてから、ラケットがしなって返してくれるwフルスイングでしなりが顕著に感じる。以前は振り切れてなかったんだな。。。だってインパクトが硬くて、手が痛くなりそうだから、怖いと感じてたから無理もない。まあ高速スイングで面ブレ少ないから凄いリターン返る(プロになった気分)。VX=R300のお蔭で一段上の相手ともできそうな予感w中厚ラケットでこれほどしなりを感じれるとはね。パワーとコントロールを両立した凄いラケット(自分の中ではだけど)。もう少し手に優しいと完璧w

共通テーマ:スポーツ | nice!(2) | コメント(0) | 編集

ラケット面の剛性が高いメリット

冬の夜、寒いですよね。

昨晩も寒い中で3時間練習してきました。

いつもならナイロン張ったラケットを1本用意するんですが。

今年の冬はポリ張ったラケットのみ。

なぜなら、ピュアアエロで手を痛めてから反省をしまして。

1年かけて腕立て、鉄アレイなどで鍛えましたw

ピュアアエロってラケット面の剛性が高いんですが、その分、自分の腕への負担が高いと感じたのです。

凄い高性能で、とにかくボレーがしやすいのです。

その秘密は、面ブレがぜんぜん起きないという事実。

だから真ん中外しても前に飛ぶ!

シャフトの部分が普通のラケットよりも太いから負ける感じが少ないのか?

プロの世界、数年前のアエロドライブ使用率が高かった理由を考えると。

速いスピンボールを返すときに真ん中当たらなくてもいいボールが返るからじゃないかな?

これはラケット面の剛性が低いボックス形状では難しい。

でもボックスだとラケットがしなるから、その衝撃エネルギーは逃げる場所があるんだと思う。

その点、ピュアアエロはしなりが少ないから衝撃が手に直接来るんじゃないかとw

この点を改善したのが、Xブレード VX-Rと新しいVI-Rですね。

アエロドライブのコピーじゃないかと言われれば。。。そうですが。

ピュアアエロより確実にしなるラケットです。

ボックスのXブレードをラウンドに移植したブレード製法のお蔭なんですかね。

なので、手を痛めにくいですね(グリップもセプトンだし)。

デュアルコイルとの大きな違いは面ブレがしないこと。

速い球に強い!!

相手が速いボールを打つならXブレードを手に取ります(試合に勝ちたいから)。

相手が遅いボールを打つならデュアルコイルを手に取ります(打感が好きだから)。

自然とそういう感じになってるw

ラケット面の剛性が高い=試合に強い

実体験の結論です。












共通テーマ:スポーツ | nice!(0) | コメント(0) | 編集

柔らかくなったXブレード VX-R300

昨日、元グリップを替えたXブレード VX-R300の感想です。

柔らかいクッションが効いた元グリップに替えたお蔭で打感もマイルドに若干感じる。

市販のまま使用するVX-R300は私には硬すぎて嫌だった。。。

miniDSC01271.jpg

でも、ストローク&ボレーの安定感は抜群だった。

面の剛性が高く、打ち負け感がまったくないし、振れば振るほど威力が出るラケットだが、硬くて振るのが怖いというか、気持ちよくない。

毎日は使いたくなかった。。。

それが元グリップを替えただけで、かなり柔らかくなった。

こうなると鬼に金棒というか、黄金のラケットにw

SPT300の2倍は攻撃力&ディフェンス力を備えているラケットなので、使うでしょw

サーブが上手く打てなかったが、柔らかくなったお蔭で、叩けるようになった。

元々パワーが凄かったが、これで振れるのだから更に凄いことに。

27.25mmのロング加工、300グラムの重さが打球の重さ&パワーに繋がった。

軽量ラケットにしようかと迷った時もあったが。

今日の対戦相手から「いつもより打球が重く、返し難い」というお言葉を頂き、ラケット選びが間違いないと確信しました。

元グリップ替えるだけで、ここまで気持ちよくスィングできるのか。。。

違和感を感じたら、すぐに修正する行動が大事ですね。

ちょっとした変更で、ラケットのイメージは変わります。

柔らかくなったXブレード VX-R300は今迄打ったこともないボールが行っていますw

特にアングルのショットは打ち易い!

それにボレーは当てるだけで、良いボールが行くんだよな。

サーブ&ボレーなんて苦手なのに、今は楽しくてしょうがない。

デュアルコイルも好きだが、面の安定性は比べるまでもなくXブレードが上。

ただ打感が硬すぎて、競技志向ではない人にはハード過ぎた。

しかし、グリップ替えてマイルドにするという工夫で使える!

ストリングだけで柔らかくしようとしたのが間違いだった。

元グリップをいろいろ試すべきですよ。

ラケットの買い替えはその後だw


共通テーマ:スポーツ | nice!(1) | コメント(0) | 編集
Copyright © テニス肘・45歳・両手打ち!硬式テニスで勝つ方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます