So-net無料ブログ作成

硬式ラケット人気ランキング

A・ラドワンスカのサーブは力が完全に抜けてる!?

力を抜いてサーブすることをこのブログではお伝えしていますが、女子テニス世界ランキング3位のA・ラドワンスカ選手のサーブが参考になります。

 
どう見ても、力みが感じられないサーブです。
 
ラドワンスカ選手は、無理にひねったり、こすったりするサーブは打ちません。
 
スピードの緩急とコースを狙って打つシンプルなサーブです。
 
とても、世界3番目のサーブとは思えないのですが・・・
 
事実、出場する大会ではコンスタントに勝ち上がり、格下への取りこぼしが少ないのが特徴です。
 
要するに安定したテニスができてる選手。
 
このサーブ・スタイルを確立した理由を考えると興味深いです。
 
「右肩が故障しやすい」とインタビューで答えていました。
 
ラドワンスカの右肩を見ると、いつもテーピングが凄い。 
 
サーブは肩をグルンと回して打つので、肩に負担が一番かかります。
 
故障しやすい肩を持つトッププレーヤーのサーブ=肩に負担がかからない自然で効果的なサーブという公式。
 
逆にスピンサーブで有名な女子選手といえば、世界ランキング18位のストーサー選手。 
 
 
ラドワンスカ選手の力が抜けたサーブと比較してみてください。
 
 
好対照な二人のサーブですが、ストーサー選手のキックサーブに憧れますが、私も肩や肘を痛めやすいので真似はしません(もう右手の故障は嫌!)。
 
そしてラドワンスカ選手のプレーを見る度に、この打ち方でも世界に通用するんだ!という自信をもらえています。
 
草テニスでは120%通用しますので、無理にキックさせなくても・・・
 
1st確率80%キープでOK牧場です。
 
それよりも凄いサーブを見て恐れる心を克服するメンタルとリターン技術を磨きたいと思う今日このごろです。
 
ラドワンスカ選手はその力が高い選手の一人です。 
 
右肩&肘は消耗しやすいので、お大事に[手(パー)] 
 
それはある日、突然やってきますのでご注意ください。 
 
テニス上達の3つのポイント「姿勢・脱力・視線」

共通テーマ:スポーツ | nice!(0) | コメント(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Copyright © テニス肘・45歳・両手打ち!硬式テニスで勝つ方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。